渋谷は若者の街

渋谷の景観

30才台のサラリーマンです。
時々、仕事のお付き合いもあって、渋谷のキャバクラに行くことがあります。
渋谷は、「若者の街」という感じです。キャバクラの女の子たちも、若い男性受けのするタイプが多いと感じます。話題とか服装とかも、我々よりも若い年代向けと言う印象を受けます。
お客さんの年代に合わせて、言葉遣いを変えるとか、話し方を変えるとか、そういう感じがあんまり無いように感じます。

逆に、一緒に行く同僚は、私のイメージとは違います。「若者のパワーを貰って元気が出る」と言っています。感じ方でこうも違うのかと思います。
そういう若さを売りにしていて、それがお店のカラーになっているんでしょうね。私の同僚のように、そういうキャバクラに行きたくて、渋谷に足を運ぶ男性も多いのかも知れません。
お店の女の子は若い子が多いし、お店も明るい雰囲気です。

女の子の話題も芸能ネタとかが多いです。お店も話も、全体的に明るい感じ。
だから、ストレス解消できて、「パワーもらったー」となるのでしょう。
同僚の彼は、私以外の仲間とも来てるようです。

私としては、はしゃぎながら飲むばかりでもありませんから、そういう時には、あまり大声で笑ったりされても、こちらの方が遠慮してしまいます。
明るさについていけないと感じることもあります。でも、それがいいのでしょうね。好きな男性には。

渋谷のキャバクラに何軒もいってはいないのですが、綺麗なお店が多いし、値段もそれほど高くは無いと感じます。そこも、若者向けなのかもしれません。